家を一新するならリフォーム業者の選び方が重要

一家

大切なポイントとは

作業現場

規約の確認が大切

マンションのリフォームは、専有部分のみに行うことが可能です。基本的には玄関ドアの内側からサッシ内側までが専有部分となりますので、この範囲内でのリフォームとなります。共用部分については、変更不可となっており、リフォームできる部分とできない部分があることを意識しておきましょう。専有部分は、壁材や床材、天井材の張り替え、室内ドアなどの建具の交換など、内装の変更はある程度自由にできます。玄関ドアについても、外側は共有部分のため交換はできませんが、内側は振り替えることが可能です。サッシについては共用部分と考えられており、個人的なリフォームの対象とはなりません。ただしサッシの枠はそのままで、ガラスだけを取り換えることは可能です。その場合透明なガラスの場合には、同じく透明ガラスを使用し、曇りガラスの場合には曇りガラスを入れるという方法になります。既存のスタイルを崩さずに、マンション全体の統一感を保ちながらの工事になるのです。マンションのリフォームでは、事前に管理規約を十分に読み直すことが大切です。管理規約では床材の性能レベルを規定している場合も多いので、それを守りながらの工事となります。床材の性能は音の問題と直結しているため、住民トラブルを発生させないためにも配慮が必要です。マンションリフォームを専門に手掛ける業者に依頼すれば、注意点などのアドバイスも的確なので、満足度の高い工事が実現できるでしょう。